すのこベッドに対する知識やメリットを知り快適な睡眠を取る

安らげるベッドをあなたに

ベッドの湿気

ベッドの湿気防止のためにすのこベッドを投入すると劇的に状況が変わることがあります。すのこのベッドは組み立て式になっていることもありますが、非常に頑丈にできています。

続きを読む

すのこの特徴

すのこベッドの特筆すべき機能に、湿度の調整があります。すのこという構造上、湿気を下に逃すことからカビの発生を抑えられます。また、木材には湿気を吸収して乾燥した時に放出するという機能があります。寝苦しい夜にもピッタリです。

続きを読む

すのこ状のベッド

床面がすのこ状になっています

睡眠時間は私たちの日常生活の中でもかなりの割合を占め、とても重要なものです。誰でも快適な睡眠を取りたいと思っていますし、そのための寝具にこだわりがある人も多いでしょう。 「すのこベッド」は床面、つまりマットレスや布団を敷く部分に隙間があいており、通気性が良いベッドのことをいいます。「すのこベッド」には大きく分けて2タイプあります。ひとつは脚が無く本当に床の上にすのこを敷いているようになるタイプと、脚が付いている普通のベッドの床面がすのこ状になっているものです。 それぞれに特徴がありますが、通気性が良いという面はどちらも同じでしょう。様々なメーカーから販売されていて、金額は安いものですと1万円弱程度から高いものは数万円以上とタイプや品質で様々です。

大きく分けて2タイプあります

「すのこベッド」でも脚のないタイプは、折りたたみ式になっていることが多いでしょう。これですと、使用しない時間はたたんでおけるので、空間を広く使用できます。部屋が狭い場合や、いつも布団で寝ている人に良いタイプです。価格もお手ごろなものからあります。 普通のベッドの床面がすのこ状の「すのこベッド」は一般的なベッドと見た目がほとんど変わりません。ですので、洋風の部屋の雰囲気を損なうことなく使用できます。いつもベッドで寝ている人や部屋を洋風のコーディネイトでまとめている場合はこちらがお勧めです。価格は一般的なベッドと同じく、サイズや材質などでとても幅がありますので、好みに合わせて選ぶことが出来ます。 どちらのタイプの「すのこベッド」も、湿度が高くカビが生えやすい日本の気候の中で工夫されたものです。特にアレルギーのある人や体調を崩してる人がいる家庭などでは購入を検討してみるのも良いでしょう。

木材の種類

すのこベッドには様々な木の材質が使われています。ヒノキや桐といった昔ながらの木材から、加工しやすい杉やパイン材という木材が利用されていることが多いです。それぞれ木材によって特徴があります。

ベッドの管理

すのこベッドを利用することにより、通気性を良くすることができます。しかし床の方に湿気が流れるので定期的に清掃を行うことや、ふとんの上げ下げを行うことが必要です。

ベッドのタイプ

すのこベッドには折りたたみができるものと、通常に設置するものがあります。それぞれメリットがあるのでどの様に部屋を利用したいのかによって選んでいくことが大切です。

Copyright (c) 2015 すのこベッドに対する知識やメリットを知り快適な睡眠を取る all reserved.